matplotlibでグラフの右と上の軸を消す

matplotlibで右と上の軸を消すには ax.spines['right'].set_visible(False) ax.spines['top'].set_visible(False) plt.gca().spines['right'].set_visible(False) plt.gca().spines['top'].set_visible(False) とすればよい。

Windows環境においてmatplotlibで所望のフォントに切り替える

Windows環境においてmatplotlibで所望のフォントに切り替えるには fp = matplotlib.font_manager.FontProperties(fname=r"C:\Users\...\AppData\Local\Microsoft\WIndows\Fonts\Helvetica.ttf") # フォントがインストールされているフォルダ print(fp.get_na…

RでGLMMが収束しなかった場合の対処法

警告メッセージ: checkConv(attr(opt, "derivs"), opt$par, ctrl = control$checkConv, で: Model failed to converge with max|grad| = 0.0188774 (tol = 0.002, component 1) といったエラーが出ることがある。 そのときには、control=glmerControlで指定…

Rでループ中にプロットを外部出力する

for(i in 1:3){ pdf(paste("hogehoge.png".pdf", sep="")) plot(hogehoge) dev.off() } としてもなぜかファイルが正しく保存されない。 printで囲う必要があるらしい。意味が分からない。 for(i in 1:3){ pdf(paste("hogehoge.png".pdf", sep="")) print(plo…

Rでパッケージインストール時に 00LOCK Permission deniedになるときの対処法

install.packages("[パッケージ名]", INSTALL_opts = "--no-lock") とする。

Ubuntuでサスペンド後にネットワーク接続が切れるときの対処法

以下のコマンドを入力する sudo systemctl restart network-manager.service

QTtabbarの使い方・設定

ダウンロードする http://qttabbar-ja.wikidot.com/ そのままだとタブバーが出ないので、エクスプローラーの「表示」→「オプション」→「QTタブバー」を選択 オプション設定 ・ 「イベント」→「タブバーの+ボタンをクリック」→「アクティブなタブをクローン」…

擬似決定係数を計算するRパッケージのインストール

色んな擬似決定係数を計算してくれるRパッケージBaylorEdPsychがCRANから削除されていて、インストールに手間取ったのでメモ。 https://cran.r-project.org/src/contrib/Archive/BaylorEdPsych/ に古いバージョンが残っているので、ここからダウンロードして…

pythonの標準出力先をファイルに変更する

import sys sys.stdout = open('out.txt', 'w') # Windows環境かつマルチバイト文字列を含む場合 # import codecs # sys.stdout = codecs.open('out.txt', 'ab', 'cp932', 'ignore') print('test') sys.stdout = sys.__stdout__ # 元に戻す

IEEE Transactions on Hapticsにて対外振動定位の論文が公開されました

傘に落ちた雨粒の位置が触覚だけでそこそこわかる気がすることに着想を得て、身体の外にある振動源を手のひらの触覚でどの程度位置推定できるか調べました。 結果としては振動源の方向はある程度わかる一方で、振動源の距離(どれだけ身体から離れているか)…

IEEE Accessにて物体内部を触るときの触感の違いを提示する試みについての論文が公開されました

現実世界ではソリッドな物体の内部は直接触ることができませんが、バーチャル環境では指であたかも物体内部を触る動作が可能です。 これまで我々が開発してきた高密度な装着型ピンアレイディスプレイを用いて、物体内部を触る際に「つぶつぶ感」「ちりちり感…

IEEE Transactions on HapticsにてPseudo-hapticsのサーベイ論文が公開されました

身体部位や身体部位の投影物(マウスカーソルなど)の位置や速度などの「見え」を変えて触感を感じさせるpseudo-hapticsがこの20年盛んに検討が進められてきました コロナの環境下において、触覚ディスプレイなしで触感を伝達できる可能性のあるpseuod-haptics…

転職して半年経った

転職して半年たった。感覚的には60秒くらい。 こんな調子で超高速で数年過ぎていきそう。

2020年のまとめ

雑にまとめます。 コロナで在宅勤務になった(3月) スプラトゥーンで全ルールS+になった(8月) 第一子が生まれた(9月) 電通大で博士(工学)を取得した(9月) 日立からNTTに転職した(9月)

社会人博士課程の短縮修了

こちらは社会人学生Advent Calendar 2020の9日目の記事です。 社会人学生 Advent Calendar 2020 - Adventar このような機会をいただきまして、企画くださった方に感謝です。 短縮修了を狙う方もたくさんいると思ったので、知見として残しておきます。 何度が…

Fusion360における画像に基づくモデル生成(Image2Surfaceの活用)

Fusion360においてある程度パターン化できるモデルをつくりたいとき、 (1)Pythonに公開されているAPIを使ってモデル編集スクリプトを書く、 もしくは(2)画像に基づいてモデルを生成する、の2パターンがあります。 本稿では(2)の手順を簡単に説明します。 (2)…

hugo academicでhugoだけアップデートした場合のエラー対処法

参考:https://spectrum.chat/academic/help/any-idea-why-this-error-is-happening-when-running-hugo~3b03ceab-c5b8-4ac3-9da8-5fe7e81b6ccd https://github.com/wowchemy/wowchemy-hugo-modules/commit/88d83a615c6bbdc6f280aecff3f7e993161d9a94 にあるよ…

MATLABでマルチチャネルのオーディオ入出力

MATLABでマルチチャネルのオーディオ入出力するには、 このライブラリが便利。 https://github.com/jgdsens/pa-wavplay matlab pa_wavplay([devicetype]) というコマンドで例えばmatlab pa_wavplay('wasapi') と指定すると、wasapiのデバイスがリストされる…

MATLABでシリアルポートが開けないときの対処法

MATLABでポートオブジェクトが残ってしまうと、以下のようなエラーメッセージが出てポートを開けなくなる。 エラー: serial/fopen (line 72) 開くことができません: Port: COM3 is not available. Available ports: COM1. Use INSTRFIND to determine if oth…

UISTにおける自動車UI研究のサーベイ

以前CHIにおける過去5年分の自動車UI研究を網羅的にサーベイした。 今回はUISTに関して同様にサーベイする。 発表された研究のアブスト(DeepLによる翻訳)をまとめた。 UIST2016 なし UIST2017 Carpacio: Repurposing Capacitive Sensors to Distinguish Driv…

CHIにおける自動車UI研究のサーベイ

SIGCHIにおいて2016~2020の5年間で自動車UIに関して、 どのような研究が発表されたか調べた。 2016年はなんとなし(本当か?) yusuke-ujitoko.hatenablog.com yusuke-ujitoko.hatenablog.com yusuke-ujitoko.hatenablog.com yusuke-ujitoko.hatenablog.com …

CHI2020における自動車UI研究

SIGCHI2019において自動車UIに関して 発表された研究のアブスト(DeepLによる翻訳)をまとめた。 2019年は1つだった自動車関係のセッションが2つに増加。 Interaction around the vehicle Non-Verbal Auditory Input for Controlling Binary, Discrete, and Co…

CHI2019における自動車UI研究

SIGCHI2019において自動車UIに関して 発表された研究のアブスト(DeepLによる翻訳)をまとめた。 2019年に引き続き自動車関係のセッションが存在。 Cars An Exploration of Speech-Based Productivity Support in the Car https://dl.acm.org/doi/10.1145/3290…

CHI2018における自動車UI研究

SIGCHI2018において自動車UIに関して 発表された研究のアブスト(DeepLによる翻訳)をまとめた。 2017年に比べて自動車関係の研究が増加。 Interactivity in Autonomous Vehicles Feel the Movement: Real Motion Influences Responses to Take-over Requests …

CHI2017における自動車UI研究

SIGCHI2017において自動車UIに関して 発表された研究のアブスト(DeepLによる翻訳)をまとめた。 2016年にはなかった自動車セッションが登場している。 Cars and Automation Priming Drivers before Handover in Semi-Autonomous Cars https://dl.acm.org/doi/…

matlabスクリプトで正弦波・矩形波の音源ファイルを生成する

Fs = 44.1e3; duration = 1; savepath = "sample.wav"; % 正弦波 function [data] = gen_sinusoid_data(freq, duration, Fs) t = 0:1/Fs:duration-1/Fs; data = sin(2*pi*freq*t); end % 矩形波 function [data] = gen_square_data(freq, duration, Fs) t = …

IEEE Haptics Symposium 2020のToH Interactive Sessionにて装着型ピンアレイの開発指針について発表しました

装着型ピンアレイディスプレイではピン密度の小ささが問題視され高密度化が進められている 一方、装着型のためバーチャル物体に侵入してしまうという問題もある この2つの問題を実環境で模擬可能なテストベッドを提案 ピンの高密度化による性能向上の見込み…

IEEE Haptics Symposium 2020にて設計振動の再利用時に再現性を向上する振動子透過性を発表し受賞しました

特定の振動子で過去に設計した振動を、異種振動子で再利用すると再現性が低い 周波数特性の違いを吸収する仕組みとして振動子透過性のコンセプトを提案 IEEE Haptics Symposium 2020のTechnical paperにて発表. second honorable mentionを受賞(トップ1.07…

どういう人だと振った仕事が効率的に進むか

これまで何人かの方に自分の仕事を依頼して一緒に進めてきた. 前提として皆、私より該当分野に対して知識が少ないという共通点があるが、 その中でも仕事を進めやすい人と進めにくい人がいる。 何が違うのかを整理しておいて初期に伝えておくと、 進めやす…

「それは本質じゃないですよね?」への対処

議論をしていると、 「XXは本質的でないですよね」とか「YYが本質だと思ってる」、 といった言葉を相手に言われることがある。 この言葉を言われるときには、理由とセットで発言されないことが多く、議論がストップする。 なおかつ、若干上から言われること…