触覚知覚・提示技術に関するサーベイ論文

今後ますます需要が伸びそうな触覚関係の知見を勉強するにあたって,
個々の論文を読むよりもその道の専門家の書いたまとめを読んだ方が近道である.

自分も最近調べ方が変わったのか,サーベイ論文を読む機会が増えてきた.
そのたびにどこにあったか調べ直すのも面倒なので,自分のためや他の方のために一応まとめておくことにする.
(今後も追記予定)

サーベイ論文まとめ

タイトル 著者 備考
Annual Review of Control, Robotics, and Autonomous Systems Haptics: The Present and Future of Artificial Touch Sensations H.Culbertson et al. 分量軽めだが触覚提示技術の広範囲をカバーしている.一番最初に読むならこれ.Culbertson氏はこのとき学生?最近出版(2018)
Haptic perception: A tutorial S.J.Lederman, R.L.Klatzky 触知覚のサーベイ.著者の研究の紹介多め.
Wearable Haptic Systems for the Fingertip and the Hand: Taxonomy, Review, and Perspectives P.Claudio et al ウェアラブルな触覚提示デバイスサーベイ.最近出版(2017)
A survey on haptic technologies for mobile augmented reality C.Bermejo and P.Hui 触覚提示技術全般のサーベイ.最近出版(2017)

論文からたどる方法

IEEE Transactions on Haptics等の触覚専門の論文誌から辿るか,
国際会議から辿るのが代表的だと思う.
国際会議は3種類代表的な国際会議がある.
以下の3つなのだが,2年ごとに開催されるので2年に3回あることになる.

  • IEEE Haptics Symposium
  • EuroHaptics
  • IEEE WorldHapticsConference

情報処理学会のtexテンプレートでdvipdfmxエラーになった際の対処法

情報処理学会texテンプレートで,

\documentclass[submit]{ipsj}

トランザクション向けに変更すると以下のようなエラーを吐く.

dvipdfmx:warning: Could not locate a virtual/physical font for TFM "futogo-b".
dvipdfmx:warning: >> This font is mapped to a physical font "FutoGoB101-Bold".
dvipdfmx:warning: >> Please check if kpathsea library can find this font: FutoGoB101-Bold
dvipdfmx:fatal: Cannot proceed without .vf or "physical" font for PDF output...

この様になった際には,ipsj.clsの中で,
1227行目を

\fontsize{18\JQ}{0\h}\usefont{JY1}{fgb}{m}{n}%

から

\fontsize{18\JQ}{0\h}\usefont{JY1}{gt}{m}{n}%

に変更し,

2764行目を

\usefont{JY1}{fmb}{m}{n}% FutoMin

から

%  \usefont{JY1}{fmb}{m}{n}% FutoMin

に変更する

pythonでbyte型をそのまま文字列として扱う

byte_ = 'あ'.encode('utf-8')
print(b) # b'\xe3\x81\x82'

以上のバイト文字列をstr型にしてしまうと, 通常はbyte型からデコードされた文字列「あ」が得られる.

byte型の文字列をそのまま得たいときには,reprを使う.

print(repr(b)) # b'\xe3\x81\x82'
print(type(repr(b))) # <class 'str'>

IEEE VR 2019にて振動触覚提示時のファイン粗さ知覚を視触覚間相互作用により変化させる手法を発表しました

まとめ

  • 振動による質感設計時に,振動子等のハードウェアによる制約を受けてしまう
  • そこで視触覚間相互作用により,振動による質感表現を変化させるコンセプトを提案
    • 本研究では質感次元の中でもファインな粗さを対象として実装とユーザテストを実施
  • IEEE VR 2019にて発表 (IEEE TVCGにも採択)
    arXivにも掲載

f:id:yusuke_ujitoko:20190329122426j:plain

背景だけ説明

振動触覚提示は,何かものに触れたときの表面の粗さや硬さ等の質感を表現する代表的なやり方であり,長らく研究されている. 近年では振動提示機能付きのスマートフォンタブレット等の廉価なモバイル端末が登場しつつあることもあり, これらのデバイスで振動による素材の質感提示を表現として取り入れたアプリケーションの登場が期待される.

そのような背景のもとで,次に課題になると考えているのが (1) 質感提示のための振動設計の生産性を向上することと (2)振動による質感表現の限界を超越することである.
(1) に対する解決策としてデザイナー向けの振動設計を自動化するツールを提案してきた(EuroHaptics2018での発表, SIGGRAPH Asia2018でのデモ).
一方の(2) に関して解決策を提案したというのが今回の提案である.

内容の詳細は論文をご参照ください.

NVIDIAのdriverが原因のUbuntuログイン無限ループを避ける

Ubuntu16.04や18.04等でGPUドライバインストール後にUbuntuのログインができないことがたまにある. そのときには,Ctrl+Alt+F2でコンソールに入り下記作業を行う.

# ドライバアンインストール
sudo apt-get --purge remove nvidia-*
sudo apt-get --purge remove cuda-*

# レポジトリ登録
sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
sudo apt-get update

# ドライバ調査
sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-cache search 'nvidia-[0-9]+$'

# ドライバインストール
sudo apt-get install nvidia-XXX