読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アーキテクチャ アンチパターン】Architecture By Implication

アンチパターン

どんな問題?

アーキテクチャ仕様の不足という一言でまとめられる.
具体的には以下の不足項目がある

どんなときに起こる?

  • アーキテクチャの計画と仕様が不足しているとき
    • 上記の不足項目参照
  • 潜在的なリスクがあるとき
    • スケール,ドメイン知識,技術,複雑性,プロジェクトが進むにつれて発生するすべてのもの
  • 新技術を使わないとき
  • 技術的なバックアップや危機回避策がないとき

どう解決する?

アーキテクチャの定義を行う.
その際,システムのいろいろなステークホルダからのビューが重要.
それぞれのステークホルダは優先度の意識を持っており,なにが重要かという問いに答えることができる.

これらのビューを文書化することが大事.
この文書を通じて,アーキテクチャ的に重要な決め事や関心事に取り組める.

ビューポイントを用いたアーキテクチャ定義のステップは下記のようになる.

  1. アーキテクチャの目標を定める
    • なにをアーキテクチャは成し遂げるのか.
    • どんなステークホルダの要求が満たされないといけないのか.
    • システムの将来像は何か.
    • 現時点の進捗はいくらか.
  2. 疑問を定める
    • どんな質問があればステークホルダの疑義を満足できるのか
    • ビューを選択する際の優先的な疑義を見つける.
  3. ビューを選択する
    • 各ビューがシステムのblueprintを描く
  4. 各ビューを分析する
  5. blueprintを統合する
  6. viewをたどってニーズを探す.
  7. blueprintを描くのを繰り返す.
    • すべての疑義を繰り返し検討してgapを解消する.
    • review processを利用する.
  8. アーキテクチャをさらに推進する.
  9. 実装をはじめる.

上記のステップをgoal-question architecture(GOA)と呼ぶ.