読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨大トラックボールマウスを作ってみた

VR

 僕は今まで、トラックボールマウスというものを使ったことがありません。

使いこなせば通常のタイプよりも、扱いやすいという評判は聞いていて、数回は試した事がありましたが、うまく馴染めず、結局元の通常のマウスを使ってきました。

しかしこの度、研究のため、トラックボールマウスをインターフェースとして使用したくなりました。それもかなり大きめのボールの付いたやつを。
ググって見たところ、どうやら球の直径が50mm以上のものは市販されてなさそう。

ということで、慣れないDIY(っぽいこと)をすることになったので、まとめてみました。

 材料

 まずはトラックボール用のアクリル球。
直径17cm、東急ハンズにて購入。

 f:id:yusuke_ujitoko:20140521210617j:plain

 三角柱の木材も同じくハンズで購入し、穴あけしてもらいました。

f:id:yusuke_ujitoko:20140521210631j:plain

ボールを支持するキャスターを通販で3つ購入。

 (TRUSCO ボールキャスター 樹脂製ボール スチールボディ 上向用)

f:id:yusuke_ujitoko:20140521210933j:plain

肝心のセンサ部は、青色LEDマウスのを分解して、取り付けることにします。

 作業

先ほどの三角柱木材にキャスターを接着剤で止め、さらに土台に木材と分解したマウス固定すると、こんな感じに!

f:id:yusuke_ujitoko:20140521211456j:plain

マウスそのまま使ってる感が出てしまって、ちょっとダサいですが・・・

 

あとはアクリル球を載せます。
球とキャスターは思いの外スムーズに接触していい感じです。

でも肝心のセンサーの反応が、どうもよろしくない。

というわけで、
透明なアクリル級を塗装して不透明化します。
塗装結果がこちら!

f:id:yusuke_ujitoko:20140521212123j:plain

おおお!!ポインタがヌルヌル動く!!
手のひらに馴染む!(笑)

 

これを使うと,直感的にオブジェクトを回転させることができます.

 

 

というわけで巨大トラックボールマウス完成しました。
使い道については,いずれ綴っていきたいと思います。